初心者の投資家マガジン

FX、日経225、金ドル、株式投資など対策への雑記

生涯年収ランキング 職業・大学(高卒・大卒)・公務員・エンジニアいくらか 高い給料で誰が勝ち組になれるのか

 

f:id:fx001net:20210212143858j:plain

 

生涯年収ランキングによって、投資すべき企業かも分かる

年収が高い社員が多いということは、固定費としての人件費を支払い、収益が安定しているので高いということになります。

 

会社として収益が安定しているので投資対象として、いいと思えます。

昨今は、多いのはBtoBや不動産業が多いように思います。

 

順位 社名 生涯給料(万円) 平均年収(万円)
1 M&Aキャピタルパートナーズ 13億4379 3109
2 キーエンス 7億3683 1839
3 日本商業開発 6億8703 1921
4 ヒューリック 6億4576 1760
5 三菱商事 5億9504 1631
6 伊藤忠商事 5億7907 1565
7 日本M&Aセンター 5億4381 1353
8 ストライク 5億3880 1343
9 丸紅 5億3514 1452
10 住友商事 5億2537 1437

 

 

 給料が高い業界・業種

M&Aはいわゆる、会社の合併や買収を促し、手数料で稼ぐ業界です。

他に商社は給与が高いですが、激務として有名です。

ヒューリックについては、不動産賃貸や開発を行っており、会社の方針により高い会社と安い会社があります。

 

キーエンスは製造業で、目立つ会社だと言えます。

この中で注目されるのは商社だと言っていいでしょう。

バフェットも投資した商社株


バフェットが五大商社へ投資したことは話題となりました。

今後、インフレによるコモディティの時代になると言われているからです。

 

株価は現時点で低迷をしていますが、なんと言っても配当利回りが良いことが大きな注目を集めています。

投資対象として非常に注目されると思います。