初心者の投資家マガジン

FX、日経225、金ドル、株式投資など対策への雑記

クラブハウス(clubhouse)が早く著名人・芸能人離れか 危険性や著作権問題の課題も

f:id:fx001net:20210309192315j:plain

 

 

ラジオのように音楽流すと著作権問題も

JASRACとの包括契約を結んでいないと著作権が問われることがあります。

ユーチューブは結んでおり、収益を著作権者に提供することになっています。

音声だけのクラブハウスが音楽については、微妙状況であり、バックミュージックもどこまで認められるのか気になることです。

ラジオ番組のような使い方もできるので、有名人のルームには、数千人のユーザーが出入りするなど、大盛況となっている。なお、こうしたルームでの会話は、アーカイブされない仕組みとなっている。
そんなルームの中には、音楽CDをかけていたり、ピアノの演奏音が流れてくるところもある。ここで気になるのが、音楽の著作権問題だ。JASRACによると、現在、クラブハウスとは包括契約を結んでいないという。

 

――クラブハウスで音楽を流してもよいのか?

やはり著作権が問題になってきます。クラブハウスを使って「不特定または多数」の人が視聴できる状態で音楽を配信することは、著作権(公衆送信権)の侵害になってしまいます。

 弁護士ドットコムニュースより引用


特に著名人は下手に使ってしまうと著作権で訴えられる可能性が一般人より高いと思われます。

 

本音で話せるが、同時にツイッター以上の大炎上も想定される

思えば、ツイッターで最初に大炎上した芸能人は大桃美代子さんでした。

麻木久仁子さんに旦那を取られたことをツイートして、騒動となりました。

 

■「Twitter以上のバカ発見器」になる可能性も? 急速な下火とクローズドな場での発言が多くなっていくことの憂い


 一応、「録音禁止」や「アーカイブを残さない」を謳っているが、あくまでClubhouseの規約上のこと。YouTubeでは芸能人のトークルームが即刻録音・アップロードされており、先述の藤田ニコルのツイートではないが、「有名人のSNSをほぼそのままネットニュースにする」ことと同じ現象がすでに起きている。また、Clubhouseを称賛していた若槻さえも一方では、「登録している芸能人はたくさんいるのに、毎日Clubhouseで配信しているのは古市憲寿、ビビる大木、クロちゃん、小島瑠璃子、私。ほぼこのメンバーでClubuhouseを回している状況だけど、絶対に飽きてくるメンバー」とも話しており、何となくClubhouseフェードアウトをすでに“予言”しているようでもある。そもそも専門筋からは、「音声メディアはTwitterのようなテキストに比べて情報へのアクセス性が低い」「情報量的に視覚コンテンツには勝てない」などとして、早期の収束が囁かれている。

 オリコンより引用


一部でクラブハウスでしゃべったことが記事になっていたり、結局クローズドではないなじゃないかとなっています。

下手なことをしゃべり炎上する可能性も十分あります。

一時、ものすごい勢いだったなのですが、全く芸能人が今やっているという話も聞かない状況となりました。

 

鍵はアンドロイド(android)か

このアプリまだiOSしか対応しておらず、アンドロイドには対応していません。

人数制限もあり、普及するのかどうか分かりません。

ただ、アンドロイドユーザーは多く、リリースされたらヒットする可能性もあるかもしれません。

果たして、このクラブハウスはツイッターやフェイスブックのようなSNSの巨大プラットフォームになれるのかどうか。

注目されます。