初心者の投資家マガジン

FX、日経225、金ドル、株式投資など対策への雑記

角田裕毅が日本人として7年ぶりF1参戦&入賞 開幕戦9位

 

f:id:fx001net:20210325014224j:plain

快挙となった。

9位と好発進の角田裕毅。

F1参戦が難しい時代となったが、嬉しいニュースとなった。

 

ガスリーはリタイア、次は勝てるように

ハミルトンが勝ったが、フェルスタッペンが接戦を演じた。

フェルスタッペンが乗る、レッドブル・ホンダは今年で最後だが、エンジンは優勝を狙えるまでにメルセデスに迫っている。

 

さらに日本人としては嬉しいニュース。

自動車のF1世界選手権開幕戦のバーレーングランプリの決勝レースが28日、バーレーン・インターナショナルサーキットで行われ、メルセデスのルイス・ハミルトン(英)が予選2位から逆転勝利した。7年ぶりの日本人レギュラードライバーのアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は9位入賞で、デビュー戦でポイントを獲得した。予選トップのレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)は2位だった。

7年ぶりに日本人がF1参戦、角田裕毅は開幕戦9位入賞 

 

f:id:fx001net:20210329090917j:plain

いよいよ開幕、フェルスタッペンが今年は優勝を狙えるか注目だ。